食物アレルギーによる皮膚疾患・消化器疾患がある猫の餌って?

食物アレルギーってどういうもの?

アレルギーとは本来無害なはずのものに対して体の免疫機能が働いてしまうことにより有害な反応を引き起こしてしまうことを言います。
食物アレルギーはその名の通り、そうしたアレルギー反応が食べ物によって引き起こされることを言います。
猫の食物アレルギーの主な症状は、皮膚疾患と消化器疾患となって出てきます。具体的には体をかきむしったり下痢になったりという症状です。
犬や猫がアレルギーになる原因としては、食物が原因によるものが70%にもなるともいわれることがあります。症状は繰り返しアレルギー成分の含まれた食べ物を食べ続けることで発症のリスクも高まりより危険性が増します。

どうやって気をつければいいの?

どんな対策をすれば良いのでしょう。アレルギーの主な原因はその猫の餌のタンパク質で肉・魚・乳製品の三種が八割を占めますが、これらを抜いた食事というのは非常に難しいです。しかももしアレルギーと疑われる症状が見られたとしてもその原因の特定は容易ではなく病院で検査してもらってもわからないこともあるのです。したがって餌を上げたあとに体を痒がったり、下痢のような症状が見られないかをいつも点検し少しでも疑わしければ他の餌に変えてみるということが有効だと考えられます。猫の餌に含まれる人工添加物により免疫力が落ちてしまいアレルギー類似の症状をきたすことも考えられますし、猫の餌についてはよくよく考えて猫の様子を見ながら選んでいきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *