猫の餌の味について

猫にだって味覚がある

猫にわかるのはせいぜい「しょっぱい」・「苦い」・「酸っぱい」くらいなものといわれますが、それでも味覚があることに変わりはありません。だから猫は餌によって食べたり食べなかったりするんです。特に特筆すべきは、甘みを感じないということです。実験で、砂糖水と普通の水をネコに与えたところ、どちらの水も同程度飲んだことが確認されたのだそうです。ということは甘みは餌の選別には関わっていないと考えて良さそうです。どうりで猫の餌には人工甘味料はあまり見かけないですが、では猫の餌の選別はどのように行われるのでしょうか。

猫にも好き嫌いはあるけど

たまに人間の食べてるものをあまりに欲しがるのであげちゃうことがありますが、うちの猫の場合はほとんど魚を欲しがります。欧米では猫に魚というイメージはないようですが、猫の餌は魚系も多いですしうちの猫はもっぱらカツオとかマグロ系のおやつを喜んで食べています。しかしどこまでわかっているのかは未知の世界です。同じものばかりだと飽きるとか、匂いのきついものは好き嫌いがわかれたり、人間と同じような感覚で選別しているところがあるのは間違いないでしょうが、もともとそんなに味自体にこだわる動物ではなさそうです。むしろ匂いとか食感とかに栄養バランスに気をつけて餌を選んであげましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *